構造図について


構造図は、構造計算にて確認された部材配置・サイズ・形状などを図面化したものになります。

その名前のとおり建物の構造に関する図面になるため、通常使用する部材と異なる材料を計算に用いた際にはその旨を図面に特記事項として記載します。

それでは、代表的な図面について説明していきますが、ここでは木造住宅を例にとって説明します。


「基礎詳細図」

建物の基礎形状は建物内で一律ではありません。

壁の有無、開口部の形状、建物にかかる力の大きさ等を考慮した上で基礎を決定し、基礎の種別ごとに詳細図として記載します。


「基礎伏図」

基礎詳細図にある基礎が、どこに配置されるのかを記載した図面です。

基礎の他に、基礎と柱を緊結するための金物の位置なども記載します。


「土台伏図」「各階床伏図」

1階床及び2・3階床(2階建て、3階建ての場合)の高さを基準として、各階にある部材(柱・梁・耐力壁・土台・床等)の位置やサイズ等を記載します。

階段や吹抜け等床のない箇所や、床高さの違う箇所などは特記事項として図面内に記載します。


「小屋伏図」「母屋伏図」

最上階の天井及び屋根の高さを基準として、部材(小屋梁・小屋束・火打ち梁・母屋・垂木等)の位置やサイズ等を記載します。

基準となる高さの違い及び部材の違いはありますが、伏図全般の記載におけるルールはほぼ共通です。


「軸組図」

伏図全般が基準高さにて水平方向に建物を切断した際に見える部材の配置を記載した図面に対して、軸組図は垂直方向に建物を切断した際に見える部材の配置を記載した図面になります。

高さの情報として、道路面から各階床までの高さや建物各部の高さ寸法を記載します。

また、部分的に床高さを変えている場合など、基準高さからのズレ寸法などを記載します。


「標準仕様書」「特記仕様書」等

工事を施工する上で必要な技術的要求や工事内容のうち定型的な内容について説明した仕様書(標準仕様書)や、標準仕様書に記載できない個別詳細な事象を記載した仕様書(特記仕様書)なども構造図の一部になります。

どのような工法を使用するか等はこの仕様書を確認する事で分かるようになっています。



この他にも、一般的ではない施工をする箇所の詳細図を追加したりします。

また、木造以外の場合は今回紹介していない図面も作成します。

copyrights(c) いもと建築 . AII right reserveds

〒506-0811

岐阜県高山市大洞町103-1

TEL 0577-34-8750​ FAX 0577-34-8743

tel  0577-34-8750